海外逃亡備忘録

コミュ症が海外にいった時の備忘録

イタリア・ドイツ周遊 列車とバスについて

ヨーロッパ旅行と言えば移動手段は列車だ。
最近はLCCが安いので、大都市間の移動なら飛行機でも良いかもしれないが、手間を考えるとやっぱり電車は楽だなーと思う。

今回はメインがドイツだったので、イタリア内の列車についてはあまり調べていない。ドイツ国内はDBの列車が運行しており、周辺国の主要駅にも乗り入れている。
とりあえず役に立ちそうなリンクを先に載せておく。

ドイツ国鉄DB
www.bahn.com

時刻表確認 日本語サイトなのでわかりやすい。事前に調べるには一番使い勝手が良かった。
jp.eurail.com

時刻、ルート検索に便利
NVBW - journey planner


今回はイタリアのサンタ・ルチア駅からドイツのミュンヘン中央駅まで、シティナイトトレイン(ユーロナイト)という夜行寝台列車を使ったのと、ジャーマンレイルパスをメインで使った。それ以外だとUバーンとバスを数回利用。


乗り方なんかは他の方がまとめているので割愛。はじめは戸惑ったけど、有効なレイルパスを持っている場合は等級だけ確認すれば、大体勝手に乗ってOK。それ以外の場合も、券売機は英語で使用することが出来るので特に迷うことは無い。

バスの場合は行先によって金額が変わるので、運転手にそれを伝えて金額を払う。往復だと安くなるっぽいが、よくわからない。(運転手の方から帰るときに「往復?帰りだよね?」と聞いてくれたので。安くなってた)
どちらの場合も買ったチケットはなくさないように注意、それくらい。


日本から欧州の列車を予約できるサイトで日本語のものだとレイルヨーロッパが有名かと思うが、手数料がかかったり郵送のタイミングがわからなかったりと不便な点も多い。(自分で探して予約するのが苦手…って人はまず旅行会社に頼むなり、またはツアーを探した方が良いと思う)
一応リンクは載せておく。
レイルヨーロッパ http://www.raileurope-japan.com/book-now/

DBのチケットはレイルヨーロッパなどで郵送で購入しておくか、現地で窓口に行って買うのと2つの方法があるが、そもそも郵送で購入してもヴァリデート(チケットの有効化)を窓口でする必要がある。窓口も駅によっては並んでいるので多少時間はかかるが、郵送に余計な金を払ってると思うと直接窓口で購入した方が良い気がする。

窓口はそれなりの大きさの駅には大体あるが、基本並ぶ(日付と時間によるが、朝は並ぶ)つもりで。とはいえそこまで時間はかからない。
窓口の入り口付近に整理券の発券機があるので、入ったらそれを発行してあとは自分の整理券の数字の表示がされるまで待つだけ。日本の銀行とか携帯ショップとかと同じ方式である。英語が若干でもわかれば窓口でのやりとりは問題ないとは思うが、自分が欲しいチケットについて英語かドイツ語でメモをしていくとスムーズに終わる。



そもそも今回調べたり、実際に現地を旅行するまであんまりドイツの地理には詳しくなかった。
「えっ、ドイツってこんなにでかかったっけ…」って本気で思った。

流石にざっくり行先の方向と距離感はわからないと困るなーと思い、kindle版の地球の歩き方を購入していきました。これが中々大活躍だったので、「ガイドブックに欲しい情報があると思えないんだけど…」って人も買うべきなんじゃって思った。るるぶとかなんかそのへんの雑誌?っぽいガイドブックは女性向けすぎてほぼ役に立たないですが(彼女と行く旅行なら良いんだろうが)、これは丁度良い情報量でした。

侮っていてすみませんでした。


A14 地球の歩き方 ドイツ 2016~2017

A14 地球の歩き方 ドイツ 2016~2017