海外逃亡備忘録

コミュ症が海外にいった時の備忘録

ドバイ空港からマルタまで

ドバイに到着。

 

看板の案内があり、赤い表示がコネクション。大体の人がこっちに進んでいた。
俺はエミレーツ→エミレーツなのでセキュリティゲートを通る以外は何もすることがない。(荷物もマルタまでスルー)

 

ただこのセキュリティゲートが、日本よりも厳しめで大体の人がピーピー鳴ってるので、時計やベルトも全部外した方が良い。あと靴もよく引っかかる模様。

 

セキュリティゲート前に、Cゲートまでは20分との表示。

確かにCゲートは免税店通り越して更に奥、エレベーターを降りた先になる。エレベーター降りて進んだあたりにcostaがあるのでそこでちょっと休憩。現金で払える(ドル/ユーロ使えるのは確認した)けど、お釣りがDHSになるらしい。メニュー表が遠いから見えにくいけど、適当に言えば出てくる。カプチーノとかカフェラテとか。

 

空港内でパッと見た限り、電源があるのはエレベーター降りるより手前なので、充電したい人はその辺りでした方が良さそう。やたらと椅子が沢山ある並びの電灯の下にコンセントがあった。
free wi-fiは1時間無料っぽかったです。それ以上は有料になりそうだったので、iPhoneとiPadを順々に繋いで、残りの時間はPSvitaしてました。

いやFate/EXTRAすっごい楽しいし遠坂やっぱり可愛いな!!!vitaはね、持ってきて正解だった。でもこのコマンド式に中々慣れないのでしょっちゅう死にそうになる。多分脳味噌が足りてない。


そんなこんなで時間はあっという間に過ぎて搭乗。

ボーディングの待機場所には手前にもうひとつゲートがあるので、その中にはボーディングスタート時刻より早めに入っている必要があるらしい。パスポートと航空券をみせると中に入れる。

ゲートのお兄さんに「コンニチハ」「アリガト」って言われてびっくり。やっぱりこの飛行機は他と比べて日本人が多いのかもしれない。

 

機内食は2回出る。

チュニス→マルタ→ドバイを行ったり来たりしている便らしいので、チュニスでチュニス行きの人は降りて、ドバイ行きやマルタ行きの人が乗ってくる。この飛行機に乗っている9時間は体感的に昼間(だし現地も昼間とか午前中)なので、暇で仕方がなかった。機内でゲームやると酔うし。