読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海外逃亡備忘録

コミュ症が海外にいった時の備忘録

授業初日(ECマルタ)

火曜日。

昨日間違えて帰ってしまったので、授業があったかどうかは知らないが、とにかく自分としては初授業。

ECマルタ校の授業スケジュールはダブルバンキング制になっている。曜日によって授業が午前と午後に分かれていて、先生もそれに伴って変わる。

だがIntensive classはメインの授業スケジュールと関係なく、昼のBreakの後から始まる。(13:00〜14:30)
俺は月水金が午後、火木が午前。

 

ちなみにFree Lessonという自由参加のクラスもあるが、それもダブルバンキング制に伴ってA BANKとB BANKで時間が違う。ので、当たり前だが、どちらになったからといって損になるような事にはなっていない。

 

そんでもって肝心の授業についてだが、まずクラスが6段階くらいに分かれている。

Beginner(初心者)
Elementary(初級)
Pre-Intermediate(初中級)
----------ここでLowerとHigherに分かれてる
Intermediate(中級)
Upper-Intermediate(中上級)
Pre-Advanced(上級)
(Bussiness?)

 

プリントにさりげなく書いてあるのを見る限りでは、恐らくこんな感じになっていると思われる。Advanceに何でPreがついているかは不明。


他のクラスの人から聞いた話も併せると、全く喋れない人はElementaryやPre-Intからのスタートになるらしい。会話が理解したり英文が読める人だとIntermediateあたり、話せる人だとUpper-Intあたりにいる印象だった。

国籍的には、Lowerクラスはブラジルやコロンビア、日本などが圧倒的に多い。Higherクラスは割とバランスが良いが、クラスによっては日本人が3~4割になってしまう場合もある。


参考までに書いておくと。

自分はIntermediate(メイン授業)とUpper-Int(追加授業)のクラスに入れられた。普通はメインと追加授業のレベルは同じになるらしい。

自分の英語力についてだが、TOEICは確か250点しか取れていないし、かなりの不真面目とは言え高校時代は英検準2級すら取れておらず、成績は2か3程度である。大学の受験勉強などもしていないので、英単語のストックは中学時代で止まった状態。

 

自分なりに何故こんなクラスに入れられたのか考えてみたが、恐らくライティングのスキルテストのせいだと思われる。いくつかあるお題の中から1つ選び、30分で200語以下の英文を書くというもの。自由創作といったお題を選んだが、文章さえ思い付いてしまえば、あとは中学英語程度の簡単な英文に変換して繋ぐだけなのでサクサク進んでしまった。教務担当にも後日「ライティングが良かったね!」と言われてしまった。

 

要はスピーキングテストというものがないので、1つのスキルだけ突出しているという人や「スピーキングが本当に出来ないから1からやりたい!」という人はリーディング、リスニングテストも併せて自分で出来を調整した方が良い。あとから勿論クラスの変更もレベルも変えられるが、1週間単位になる上にタイミングによっては人数の関係で移動が出来ないこともあるので。

 

実際に授業を受けてみて、案の定、同じクラスの人間は断然喋れるし、先生の話している事もスムーズに理解して反応出来ている様に見える。

Intermediateはまだしも、Upperクラスはビジネス向けのプレゼンテーションなどの授業内容で、流石に無理だと判断してレベルを下げてもらうべく、教務担当の元へ。
どうにか拙い英語で、自分は全然喋れないから下げて欲しいんだけど〜というのを伝えた。が、「テストがよく出来てたからあと3日は頑張ってみて!それでもダメなら変えるよ〜」的な事を言われて帰される。
思うに、自分と同じ様な人間が毎週必ずいて毎週同じ返しをしているのだろう。

 

結局、木曜日にもう一度出向き、クラスのレベルをさげてもらった。