読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海外逃亡備忘録

コミュ症が海外にいった時の備忘録

独伊旅行記③ヴェネチアからドイツへ

今回、ヴェネチアからドイツのミュンヘンまでは、シティナイトライン(ユーロナイト)という夜行列車を利用した。予約はドイツ国鉄の公式サイト(英語版)でしておいた。列車については過去記事参照。

maukca-memo.hatenablog.com


列車の時間が近づいてきたので、美術館からサン・マルコ広場まで歩いて戻り、長距離各駅のヴァポレットに乗ってサンタルチア駅まで。最後にゆっくりヴェネチアを見れて良かった。

駅でシティナイトラインのホームを確認しようとしたら、どうやら表記ではユーロナイトというらしく、また行き先が途中で別れる(列車切り離しがある)のでかなり後ろの車両だった。

何せ本当に初めてなのでそれすらわからず、かわいい女の子2人(恐らくドイツ人)に英語で話しかけてなんとか教えてもらった。同室の人たちもドイツ人。何だか知らないが1時間以上車掌と何やら話し込んでいて、中々寝つけなかった。

1室に6つ寝台があって、かなり手狭ではあったが思ったよりかは快適だった。まあ自分は小柄な方なのでそう思うのかもしれない。

コンパートメント?の扉がびくともしない(開かない)、というハプニングがあったが、30分以上の遅れでミュンヘンに到着したので問題なかった。


7時オープンのDB窓口に並び、ジャーマンレイルパスを購入。
パスポートの提示だけで購入できる。支払いはカードで可能。基本的に大きな駅の窓口は英語が通じるし、大都市は簡単な旅行用英語で大丈夫だった。といってもあんまり喋った気もしないので気のせいかもしれない…。


Sバーンでマリエンプラッツェ(新市庁舎前)へ行き、新市庁舎を見ながら向かい側のカフェリチャードでパンとコーヒーを飲んで朝食。ドイツに行ったら1回はカフェリチャードに行くと思うので、プティングプレッツェルを是非食べて欲しい。ドイツはどこで食べてもパンが美味しい。

レジデンツが開くまで暇なので、市庁舎付近にある公園を散歩。そこまで広くはないが、紅葉で並木道がオレンジ色に染まっていて壮観だった。市庁舎の周りの道は、原宿の表参道のような状態になっていて買い物するにも困らなさそうだった。

ドイツに入ったとたんに、マルタのボーダフォンのSIMが何故だか完全に使えなくなったので、ボーダフォンショップに行ったら「マルタのはわからない」と言われて買い直し。1.5GB-25€のやつ。


レジデンツと宝物館を見学したあと、中央駅まで戻ってロイトリンゲンへ。

独伊旅行記②ヴェネチア市内と移動手段

前回の記事から繋がってます
maukca-memo.hatenablog.com

前回の終わりで少し話しているが、ヴェネチアは水の都の名の通り、水に囲まれてかつ水路が路地のようになっているのでフラフラ歩いてると行き止まりに行ってしまうなんてことがザラにある。経験談。

ヴェネチア本島の周りにはいくつか島があるが、今回がジュデッカ島くらいにしか行っていないので基本的に本島の話しかしない、というか出来ない。行ってないから。ムラーノ島とかいうのがあるらしいですね、ヴェネチアンガラスで有名だとか聞いた(今回買っていない)


ヴェネチア本島に乗り入れている鉄道駅は1つのみ。それがサンタ・ルチア駅である。
駅を出ると正面にヴァポレットというACTVが運営する水上バスの乗り場がある。左手側に進むと、水上タクシー乗り場がある。
http://actv.avmspa.it/enactv.avmspa.it


タクシーについてはこちらのサイトにまとめられていました。最近のものではない。
www.howtravel.com

たぶん地球の歩き方とかに乗ってるんじゃ…そんなこと言い出すと元も子もないんですがね


1日~2日でヴェネチアを観光して回るなら、水上バスを酷使することになるかと思うので、24時間有効券などを購入した方が絶対に割安になる。水上バスのチケットは、乗り場近くの売り場やインフォメーションで購入できる。片道や往復券なんかは、その辺のショップに売っていることもある。

ちなみにヴァポレットでのサンタ・ルチア駅の表示は「FERROVIA」という表記になっているので注意。サンタ・ルチアという表示はない。


ゴンドラに乗るには、所々にあるゴンドラ乗り場で直接ゴンドリエと交渉するしかない。しかし1人や2人で乗ると30分でも一艘80€なんかになるので、人数が合いそうなグループを見つけて一緒に乗りあうなりすると良い。

自分の場合は、1人旅な上に和気あいあいといしたグループに声を掛けるという不要な労力を使いたくなかったが為に、VELTRAで予約した。コミュ症乙。
www.veltra.com


1人分と思うと割高だが、やはり精神的に楽な方を選んだ方が良いと思う。

予約の時間に向かうと案の定カップルばかりで、1人で乗ろうという人間がほぼほぼ見当たらない。ゴンドラ内にいくつかシートがあるが、どれもそのシートが2人掛けのため、後回しにされる。すると偶々、日本人の一人旅の男性がいたため、相席で乗船することになった。体格の大きい二人だと、あの狭さは乗れない気がする。

ゴンドラに揺られて30分くらいカナルグランデと狭い水路を通りながら音楽と歌を聴く。ディズニーシーでも流れているポルトパラディーゾやサンタルチアの曲目があり、中々楽しめた。ゴンドラはかなり背が低く水面に近いため、建物を下から見上げる形になるのだが、それがまた違う形でヴェネチアを見ることが出来て良かった。

ただ写真を撮ろうと思うと乗りあいの乗客が邪魔になるので、良いカメラを持って行って写真をメインの旅がしたい…と思っている人は、値段が高くても1人や2人で乗った方が良いかもしれない。



今回ヴェネチアは1泊のみだったが、ジュデッカ島にあるユースホステルの「ジェネレータ―ヴェニス」を利用した。
Generator Hostel Venice: Book shared or private rooms at our hostels

ジュデッカ島で水上バスを降り、そのまま海沿いに右側に歩くとホステルがある。建物に入って左側奥がレセプション。エスカレーターや階段はレセプションの横にある。

初めてユースホステルを利用したが、こちらは内装が清潔で使い勝手も良かった。1階がバー兼カフェ?になっているので夜は少し騒がしいが、部屋に響くほどではない。朝食はその1階で取ることが出来る。


ヴェネチア市内の観光については、ガイドブックやネット検索でいくらでも出てくるので割愛。

とにかく全てが絵になり、町そのものが一種のテーマパークにでもなってるかのような雰囲気である。
ディズニーシーのメディテレーニアンハーバー、ヴェネチアンゴンドラの乗り場付近の雰囲気は、かなり本物に忠実であるということがよーくわかった。ヴェネチアの雰囲気を手軽に味わいたい人、ディズニーシーに行くことをお勧めします。


あまり有名ではないが、ヴェネチア本島の写真を対岸から撮る場合、ジュデッカ島のヴァポレット乗り場の隣、S.Giorgio駅で降りて目の前に、サン・ジョルジョマッジョーレ教会という場所がある。
ここには丁度ヴェネチア本島を見渡せる鐘楼があり、幾らか入場料がかかるものの、エレベーターで昇ることが出来る。

時間があれば是非。