海外逃亡備忘録

コミュ症が海外にいった時の備忘録

独伊旅行記⑦ バカラック〜ケルン(想定外すぎるあれこれ)

シュターレック城を出て町へと降りて、鈍行でケルンへ向かう。
朝ごはんは充実してるとは言い難い有様だった。町のパン屋が開いていたので、地元の人の流れに混ざってシュトーレンを購入。

予定ではこの時点で残り1日。
ケルンへ移動して大聖堂周辺を見てまわって、次の日の昼の便でケルン
へ帰る予定だった。

写真をまだ載せていないので大聖堂の話は割愛。


駅近場にしては安めのホテルにチェックインして過ごしていたところ、夜20時くらいに急に停電。窓の外を見ると他は明かりがついているので、部屋を開けて顔を出して見るとスタッフがわんさか。どうしたのか聞いたものの、「部屋に入って待っててすぐ戻るから」の一点張り。

まぁいいかと思い復旧を待っていたのだが、結局、30分くらいかかって漸く明かりがついた。30分はすぐとは言わんぞ、と思っていたらお詫びにということでドリンクが一本無料になった。

次の日の朝、7時起床予定でアラームをかけたにも関わらず、何故だか10時30分に起床。
飛行機の離陸時間が10時30分。

時計を寝ぼけながら二度見三度見して、四度見くらいでやっと現実を受け入れて事態を把握。もういいか、と思ってそのまま二度寝した。こういういい加減さが社会と上手くやっていけない云々あーもう知らんけど眠い、のよくやる放り出しである。

諦めてぐっすり熟睡したのち、帰りの飛行機を再手配しようとケルン→マルタで検索。
次の日で帰れる飛行機があったものの、かなり高額。4日後の格安航空便のチケット代と、そこまでの宿泊費をあわせても、次の日の飛行機の方が高額だった。

そのため、できるだけ節約したい(最早本末転倒状態ではあるが)ためケルン滞在を4日延長する羽目に。完全に自業自得。

フロントに滞在延長の旨を伝えに行くと、部屋を移動してくれと言われた。元々止まっていた部屋がシングルの金額でキングサイズの部屋だったので。新しいキーを貰い、荷物を持って移動。

しかしここで、またもやとんでもない事が起きた。
渡された部屋のキーが、現在進行形で使われている部屋だった。

部屋に入って荷物がある時点で、おや?となったのだが、少し中に入って見ると洗面所からシャワーの音が聞こえて来たため、「これは絶対にアウトだろ!?」と思い慌てて退散。フロントへ直行して文句と共にキーを返却。
フロントの兄ちゃんは「いやーごめんね、こっちなら大丈夫だから」とまた新しいキーを出して来た。まぁ一度きりなら…いや全く良くねえけど海外だしなあ、と思いつつ新しい鍵を持って向かう。

またしても、扉を開けるとサロペットを着たお兄さんが机の前に座っていた。
目があってにっこり。いやにっこりしてる場合じゃねえな!と思いつつ、お兄さんに謝って(何で俺が謝らなきゃならんのか)「ここのフロントは馬鹿だな」っていう話をして退散。
最早呆れながらフロントにキーを叩きつけて返却。いい加減にしてくれと怒ったら、他のスタッフがやってきて平謝りしながらまた新しいキーを出してくれた。

さすがに3回目だから、というか多分あのスタッフがいい加減だったんだろう。3度目の正直というか、これで漸く部屋に移動できた。移動先の部屋が何故かまたキングルームだったので、そのあたりは気を使ったんだな、という感じ。

同じ事をされたらと思うと心底恐ろしいので、部屋に貴重品を置きっぱなしにすることはなかったし、室内にいるあいだはずっとチェーンと物理鍵で施錠しておいた。当たり前だと思って元から徹底はしていたものの、実際にこういう事が起こると軽く肝が冷える。

もうこのホテルには泊まらない

独伊旅行記⑥ フランクフルト〜マインツ〜バカラック、シュターレック城

30日、フランクフルト。市電近くのビジネスホテルに泊まる。

ホテルのフロントで聞くまで全く知らなかったのだが、この日は大規模なマラソン大会の開催日だった。
あちこち道路が規制されている上に思いっきり市内をぐるっと回るルートなので、観光しようにも大回りに移動しなければならないので骨が折れる。
まぁ行こうと決めていた場所はゲーテ博物館くらいのものだったので、取り敢えずそちらへ向かう。

博物館とゲーテの生家は隣り合わせで、博物館の入り口でチケットを買って、博物館の中から生家にも入れるという仕組みになっている。説明プレートには英語表記もあるので、ガイドなどがなくても楽しめる。(確か受付で借りることも出来るし、ガイドツアーもあったような)

調度品や邸内の雰囲気はとてもよくて写真映えする。ゲーテに興味がなくても、資料も兼ねて写真を取りに行く価値はあると思う。

www.goethehaus-frankfurt.de




博物館を後にして近場のカフェで珈琲を飲んで、中央駅周辺をふらふらと歩いて百貨店などを物色した後、予定していた電車の時間が来たので乗車。

この時期になるとぎりぎりだが冬季に入っており、バッハラッハやマインツの目当てとなるライン川クルーズは、基本的には休業中である。
電車でバッハラッハに行くにはマインツを経由することになる。


マインツも少し見てまわろうと思っていたので、駅を出て街の中央まで歩く。どうやらこの日は街の祝日か何かだったのか、広場の中にはカラフルな屋台やメリーゴーランドなんかがあり、家族連れでかなり賑わっていた。
マインツの大聖堂は大きくはないが廊下や中庭が特に綺麗なので写真を撮る人にはすごくおすすめ。


時間が来たので中央駅へ戻り、そこからバカラックへ。この路線では鈍行しかないので、間違えることもない。
ちなみにバカラックは「バッハラッハ」とも呼ばれるのだが、現地の人の言い方やアナウンスを聞いてると殆ど「バハハ」に聞こえる。バハハて。実際に聞くとちょっと笑えます。


バカラックの駅は無人駅になっている。駅を降りて右手側に進むと商店街が広がっていて、城へ上る道も商店街のあたりにある。

この日泊まるのは古城ユースのシュターレック城。道なりに進むと町の案内板があるのだが、この時は城への最短ルートが閉鎖されていて案内板通りには進めなかったので、近くの雑貨屋の店員に道を聞いた。


家と家の間にある、細い階段とも坂とも言えぬようなのが入り口で、実際そこから城までの道のりはかなり険しい急斜面になっている。自力でちゃんと歩ける子供なら手を繋いでいれば心配ないが、荷物が多い人やサンダルの人には辛いかもしれない。

この城へ上がる道の途中から見えるライン川の景色が本当に素晴らしいので、夕方に来てゆっくり登るのが良い。山の斜面には青い葡萄畑が広がり、上から見おろすとこじんまりとしたバカラックの町とライン川が見下ろせる。途中には廃墟のような洋館もあり、雰囲気は抜群だった。(何か出そうだった)


城の入り口からまっすぐ進むとフロントのある建物があり、そこの地下が食堂になっている。フロントのあるところではカフェメニューも提供している。ここのユースはフロントのスタッフ以外は基本的に英語が通じないので、何かあったらフロントがあいている時間に行かなければならない。ドイツ語と英語でひっちゃかめっちゃかな会話をする羽目になる。

古城ユースというものに初めて泊まったので、水周りや虫など心配だったのだが、室内は綺麗とまでは言えなくともそこそこ快適だった。


また、城からもライン川が見下ろせるが、日が落ちるくらいになると完全に何も見えないので、早めに到着した方が良いかもしれない。


シュターレック城YHの予約はこっちの記事に書いてあります。
maukca-memo.hatenablog.com